人気ブログランキング | 話題のタグを見る

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_07120246.jpeg
久しぶりに北鎌倉駅下車。
本日の主な目的は・・・
鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_07123617.jpeg

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_07132203.jpeg
鎌倉アルプス【天園ハイキングコース】を歩き、その先のまんだらやぐら群を見学するというものです。
建長寺の境内からハイキングコースに入ります。
鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_07210552.jpeg

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_07231837.jpeg

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_07251236.jpeg
総門・山門・仏殿・法堂が地形上に一直線に配置されているのが特徴です。
鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_07212558.jpeg
境内には樹齢750年のビャクシン【和名:イブキ ヒノキ科】
巨木で風格がある佇まいです。
鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_07302163.jpeg

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_07305323.jpeg

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_07311767.jpeg
台風などで、被害が出て暫く総門が修復中でしたが、修復工事は終えています。
文化財は彼方此方で修復が行われているので、古民家再生に携わって頂いた職人さんたちも忙しそうにしています。
横浜にある三渓園のお茶室の修復に入っていたりしています。
鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_07353258.jpeg
この日はお天気が良くて湘南の海を一眺することが出来ました。釣り仲間である元区長さんにお聞きしましたら、建長寺から登るなんて珍しいな!と言われたのですが、ガイドコースの逆回り。
こちらから歩いたほうが急登ではなく、高齢の母達でも比較的楽だと思います。母の茶道のお仲間5人をアテンド。
鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08060401.jpeg
暫くは急な階段です。振り向くと、建長寺の境内と海が見えます。建長寺は『けんちん汁』発祥の地。
大根や人参のヘタなど余ったお野菜をお汁にしたもので本来は精進料理なのでしょう。建長寺近くにけんちん汁がいただけるお店があります。
鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08084343.jpeg

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08090754.jpeg

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08095006.jpeg

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08102318.jpeg
急な階段から岩場へ。少し我慢して登り終えるとなだらかな道に出ます。母達には30分先にスタートして居てもらい、私は電車遅延で遅れて来た友達と一緒にあとを追いました。
鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08122047.jpeg

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08124667.jpeg

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08130886.jpeg
2人ですと、速い。
母達に追いついて7人になりました!
鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08140789.jpeg
半日もかからないコースで2時間程度でお手軽です。
鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08145480.jpeg

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08152621.jpeg

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08155516.jpeg
歴史的保存地区や景観条例、風致地区などの言葉が出てきます。鎌倉あたりは家や店舗を建てる場合も様々な条例等で規制されています。
昔ながらの城下町などでは奇抜な色の建物は建てられないので、明度・彩度・色相などもお役所に提出して審査されます。
土地から遺跡などが出て来てしまうと、工事が一年くらい止まってしまう事もあります。
鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08195076.jpeg
低山でもヘッドライト、お水、レインウェア、帽子、地図、防寒着、トレッキングシューズ程度の装備は必要です。
鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08215007.jpeg
下山してすぐそばにあるシノワズリ風の中華料理屋さんで早めのランチ。
父が昔、台湾人のお施主様の施工をする際に台湾まで施主さんと一緒に行って、建具や調度品などを買って来たということをしていたのを思い出しました。
鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08233152.jpeg
母の茶道友達が事前に予約を取ってくださった『鎌倉凛林』というお料理屋さんです。
鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08245797.jpeg

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08251622.jpeg
お店のなかに入ると、調度品などを職業柄、よく見てしまいます。外壁も真壁に見せる方法も最近では良いなと考えています。イギリスではハーフティンバーと言って木骨造のことですが、日本家屋では真壁工法。
ただし、外壁を真壁にするには雨仕舞いのことをよく検討しなければならないので下地の通気も気を遣います。
詳しくは割愛しますが、施主さんにはご一緒に現場を見られるように詳しく説明します。
鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08344784.jpeg

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08351397.jpeg
ランチを食べたあとは、逗子に移動して春と秋にしか公開しないという【まんだら堂やぐら群】を訪ねました。
鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08361429.jpeg

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08371206.jpeg

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08374605.jpeg

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08421407.jpeg
やぐらとはお墓のことです。
石をくり抜いて火葬した骨を納骨する穴で、鎌倉時代中期〜室町時代のものだと云われています。
鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08411132.jpeg

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08412924.jpeg
お墓ですので本来なら撮るべきものでは、ありませんが国史跡となっています。
管理されている方からパンフレットをいただきました。
鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08434492.jpeg

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08440581.jpeg

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08442320.jpeg
切り通しを歩いて、一山超えます。
所要時間は50分程度。
鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08452753.jpeg

鎌倉アルプス&まんだら堂やぐら群_a0129492_08454689.jpeg
母の茶道友達オススメの洋菓子店『珠屋洋菓子店』
石原裕次郎さんも行きつけのお店だったそうです。ロールケーキが美味しいとの事で、2個セットを注文。
ザバロールもショートケーキも口溶けよく、いくらでもいただけそうな軽さ。昔ながらの正統派ケーキでお値段も良心的です。
逗子駅から銀座通り商店街すぐにあります。

以前、逗子駅には何度か建築確認で来ましたが、全く知りませんでした。母の茶道友達とのお出掛けはいつもお食事処の新規開拓ができます。

by atelier-kirara | 2023-12-02 17:11 | 散歩・食べ歩き | Comments(0)

日々の暮らしのこと建築のことなど書いています。お付き合い頂ければ幸いです。


by atelier-kirara