人気ブログランキング | 話題のタグを見る

立山アルペンルート② 雄山 百名山21座目 雷鳥夫婦

立山アルペンルート② 雄山 百名山21座目 雷鳥夫婦_a0129492_16125021.jpeg

立山アルペンルート② 雄山 百名山21座目 雷鳥夫婦_a0129492_16110737.jpeg
榛松から出てきた雷鳥の雄

立山アルペンルート② 雄山 百名山21座目 雷鳥夫婦_a0129492_06224528.jpeg

立山アルペンルート② 雄山 百名山21座目 雷鳥夫婦_a0129492_16121025.jpeg

立山アルペンルート② 雄山 百名山21座目 雷鳥夫婦_a0129492_06293858.jpeg
アルペンルート、室堂小屋が主目的でしたが、雷鳥もそのひとつで、見られたのは嬉しい。
尾尻が閉じて、安心したようす。
榛松から出てきた際は、尾尻が上に上がって、開いて居ました。
鳥は、緊張したり、威嚇のときは、尾尻があがり、その尾羽根が扇のように開きます。
きっと近くに巣があったのでしょうね。
お邪魔してしまいました。

立山アルペンルート② 雄山 百名山21座目 雷鳥夫婦_a0129492_16173964.jpeg

立山アルペンルート② 雄山 百名山21座目 雷鳥夫婦_a0129492_16181205.jpeg

立山アルペンルート② 雄山 百名山21座目 雷鳥夫婦_a0129492_16184466.jpeg
例年に無いくらい、人出は少ないです。
雷鳥は、雪解けの下の榛松から出て、雄と雌の夫婦が仲良くしている姿を見ることもできました。
立山アルペンルート② 雄山 百名山21座目 雷鳥夫婦_a0129492_16201652.jpeg

立山アルペンルート② 雄山 百名山21座目 雷鳥夫婦_a0129492_16204305.jpeg

立山アルペンルート② 雄山 百名山21座目 雷鳥夫婦_a0129492_16211078.jpeg
室堂平から一ノ越山荘まで、ザレ場と雪渓を進む。
母の歩きは、77歳だと思えないほどに足取り軽く。 
氷河は、日本で唯一、立山連峰にしかないことが調査でわかったそうです。
立山アルペンルート② 雄山 百名山21座目 雷鳥夫婦_a0129492_16243237.jpeg

立山アルペンルート② 雄山 百名山21座目 雷鳥夫婦_a0129492_16245303.jpeg
一ノ越山荘に母を残して友達と雄山の山頂へ。
雄山は百名山です。
設計事務所をしている同業の友達で、私が夜通しで運転してきた事を気にしてくれて、ゆっくり登山。
立山アルペンルート② 雄山 百名山21座目 雷鳥夫婦_a0129492_16291789.jpeg
ここは、ガレ場で、中小の岩がゴロゴロ。
時折、雪渓を滑り落ちていく岩がありました。
雪渓を転がる岩は音がしませんので、登山者が気をつけなくてはなりません。
立山アルペンルート② 雄山 百名山21座目 雷鳥夫婦_a0129492_16304860.jpeg
ですが、登った甲斐がありました。
立山アルペンルート② 雄山 百名山21座目 雷鳥夫婦_a0129492_16325772.jpeg

立山アルペンルート② 雄山 百名山21座目 雷鳥夫婦_a0129492_16332791.jpeg
ここでは、仲睦まじい雷鳥夫婦に出会えました。
設計の下は榛松なのでしょう。
雌が顔を出していますね。
ここで、標高3030m
立山アルペンルート② 雄山 百名山21座目 雷鳥夫婦_a0129492_16352162.jpeg
風は山頂はなく、快晴。
友達は、薄手のフリースに雨ガッパ。
母も同じ洋装でしたが、私は、着てきたシャツも暑くて、長袖Tシャツ一枚で往復。
帰りのアルペンルートのトンネルが涼しくて心地よく感じましたから、地下が冷えるということは、地上は暑かったのだと思います。

立山アルペンルート② 雄山 百名山21座目 雷鳥夫婦_a0129492_16381667.jpeg

立山アルペンルート② 雄山 百名山21座目 雷鳥夫婦_a0129492_16383112.jpeg
百名山などを登っていて、いつも思うのですが、山頂や岩場に社がしっかりと作ってあるのは、凄いことだと思います。
これだけの材料を持って、置き場を確保しながら、作業する職方さん達がいらっしゃるということ。

Commented by touseigama696 at 2021-06-08 12:05
雷鳥夫妻・・楽しく拝見しました

<設計」の下は榛松なのでしょう。
雌が顔を出していますね。>

この雪渓も設計されたんですね(笑)
雷鳥夫妻の住まいに榛松を使う
流石ゆき届いた配慮感銘です(笑2)
Commented by atelier-kirara at 2021-06-08 13:51
> touseigama696さん
ありがとうございます。

あ!わかっていただけましたか。
雪渓を設計して出入口を。下の榛松の中に巣があります(笑)
なんて^^、ご指摘ありがとうございます。

榛松の中の巣に卵があるのを見ましたら、雄が気付いて出てきました。
小枝などをかき集めたものが、きちんと楕円の皿のように編まれていて綺麗な巣でした。
家づくりも、子守も、仲睦ましく協力して行う雷鳥夫婦に感激しました。
by atelier-kirara | 2021-06-08 06:10 | 登山 | Comments(2)

日常のこと建築のこと気ままに書いています。気長にお付き合い頂ければ幸いです。アトリエきらら 小林輝子


by atelier-kirara