人気ブログランキング | 話題のタグを見る

お引き渡し


お引き渡し_a0129492_20130263.jpg
外構はお引き渡し後ですが、建物本体は竣工となりました。
お引き渡し_a0129492_20171417.jpg
この敷地には、納屋が建っていました。
お引き渡し_a0129492_20200195.jpg
お引き渡し_a0129492_20204197.jpg
お引き渡し_a0129492_20210701.jpg
模型で提案したのが、ほぼ、ご提案通り。
無事にこの日が迎えられてホッとしました。
お引き渡し_a0129492_20271577.jpg
こんな案も出しました。
お引き渡し_a0129492_20291992.jpg
お引き渡し_a0129492_20293819.jpg
お札立ても吹き抜け部分に設置。
神棚や絵画など、ある程度重量のあるものを壁面に飾る予定の方は計画の際に事前に設計者や施工者に話をしておく必要があります。
また、ピアノや本棚を置く際も補強材を入れたりしますので、家具の配置も間取りを作る時に決めておきます。
お引き渡し_a0129492_20493638.jpg
お引き渡しの日、施工会社の社長、営業の方も来ていただけました。
施工会社独自のアフターメンテナンスの時期や保証書、住宅瑕疵担保責任保険(品確法による構造耐力上主要な部分、雨水の侵入を防止する部分に不具合が生じた場合の補償、施工業者が万が一倒産した場合の補償)の付保証明書、コンクリート試験など材料の品質検査証、合格書、設備機器や建築材料のメーカー保証書、取り扱い説明書、鍵の引き渡しなどが現場監督から説明、受け渡しがありました。
私からは、建築確認済書、性能評価証明書、完了検査済証をお引き渡し。

※住宅瑕疵担保責任保険は施工業者が保険事業者となり、加入している保険で建設業の許可を受けて居る業者であれば、加入義務がありますが、供託ということでも良いので、このどちらかになっています。
保険付き住宅では、上記に記した住まいにとって重要な部分に10年間は保険がかけられており、専門家相談(弁護士や建築士による相談)や紛争処理は、施工者側からも、発注者側からも行うことが出来たりします。
おそらく、ご存知ない方が多い。説明を聞いていても、覚えてない方もいらっしゃると思うので書いておきます。

私が説明するまでもなく、施工会社からはしっかり説明がありました。
お引き渡し_a0129492_21071584.jpg
お引き渡し_a0129492_21063144.jpg
玄関からチェック。
鍵の開閉などの説明や説明書もあります。
お引き渡し_a0129492_21090280.jpg
サンワカンパニーの洗面器&水栓。
引き渡しまでに間に合いました。
TOTOの便器も無事、設置。
棚などは、お引き渡し後に建て主さんが設置する予定なので、壁面はすっきりした状態。
お引き渡し_a0129492_21112419.jpg
お引き渡し_a0129492_21114227.jpg
お引き渡し_a0129492_21115671.jpg
階段も何度かブログに載せて居ますが、大工さんが最後まで残しておいた造作部分です。
木造では、階段を作る時が一番緊張する場面だと、どの現場でもお聞きします。
お引き渡し_a0129492_21172055.jpg
お引き渡し_a0129492_21173708.jpg
お引き渡しのご説明をしている間、お嬢さん達が嬉しそうに走り回る様子を見て、施工会社の営業さんや、現場監督さんから「こんなに喜んでもらえるなんて嬉しい。建てた甲斐がありました!」という言葉が聞かれました。
戸建て住宅ですから、どんなに走り回っても、飛び跳ねても自由です。
思いっきり、笑ったり走りまわったりしてほしいと思います。
私自身が特記仕様書で指定をしましたが、今回、漆喰からクロスに変更にしたものの、車の通りが激しい道路に面していても外の音が殆ど聞こえないということに気が付きました。
冷暖房の効きも良いし、気密性がしっかりとれたということです。

お引き渡し_a0129492_21332293.jpg
お引き渡し_a0129492_21352140.jpg
お引き渡し_a0129492_21340032.jpg
サッシやカーテンの扱い方は現場監督から。
住設機器のTOTOからは、ユニットバスやキッチンコンロ、換気フードの操作やお掃除の仕方などを説明する方が来ました。
見ていて、ショールームに来た気分に。
私は、設計事務所としての仕事の他、住まいづくりのご相談や講師業なども行っています。
ショールームや住宅メーカーの展示場に一級建築士としての立場ですが、同行することがあります。
その時に見る光景と同じですね~。

建て主さんも、教えてもらったとおりに、ご自身でもやってみます。
お引き渡し_a0129492_21494857.jpg
お引き渡し_a0129492_21500801.jpg
一回でできる方は、なかなか居ないそうですが、1回でクリア。
素晴らしいです。

我が家の換気扇の掃除は、もちろん私です。
設備機器のお掃除は、ご主人というご家庭も多いと思います。

お引き渡し_a0129492_21560003.jpg
私が使用したことが無かったマジックシート。
クロスの内側に施工してありますが、このようにおもちゃなどが貼れるのですね!
娘さん達のセンスが良いのか、絵画のようで遊び心があって良いと思いました。

お引き渡し_a0129492_21591587.jpg
お引き渡し_a0129492_21595421.jpg
お引き渡し_a0129492_22001802.jpg
お引き渡し_a0129492_22014646.jpg
お引き渡し_a0129492_22023861.jpg
2階は、外灯や照明、コンセントの位置、カーテンの確認。
お引き渡し_a0129492_22035378.jpg
外を見ると、親御さんであり、元建て主さんと電気屋さんが、ゴルフの練習をしていました。
あまり、見ることができない光景。
職人さん達も気持ちよく仕事ができた建築現場だと言っていました。

ちょうど、ご実家のほうも、お引き渡しをしてから5年で、6年目に入りました。
娘さんの家の設計をご依頼していただいたことで、状態を見ることができ、大切に住んでいただいていることがわかり、とても嬉しく思いました。
ご実家は、古民家ですので、和の佇まいです。
子世帯とはまったくテーストも異なりますが、いつも、快適に楽しく暮らしていますとご連絡をくださる建て主さんに感謝です。工事記録の写真は、SDに入れて建て主さん、施工業者さんに送ります。

東北の建て主さんも同じ時期にお引き渡しをしています。
先日、ご連絡をいただきました。
7月、8月には、施工会社の社長を連れて行くので、予定を調整しています。






by atelier-kirara | 2020-06-07 22:16 | ◆子育て世代S邸 | Comments(0)

日常のこと建築のこと気ままに書いています。気長にお付き合い頂ければ幸いです。アトリエきらら 小林輝子


by atelier-kirara