人気ブログランキング |

ワタシ流 暮らし方 ☆アトリエきらら一級建築士事務所☆ 日常のこと建築のこと気ままに書いています。気長にお付き合い頂ければ幸いです。アトリエきらら 小林輝子

柴又散歩

柴又散歩_a0129492_09424290.jpeg
男はつらいよフーテンの寅の舞台葛飾柴又。
柴又散歩_a0129492_09455194.jpeg
駅前には、車寅次郎と妹のさくらさんの像があります。

山田洋二監督の言葉
「僕の作品は必ずと言って良いほど社会からはみでてしまった人間が主人公で、権力者、実力者とかいう人が主人公になったことはありません。」

男はつらいよ、釣りバカ日誌に描かれている主人公を見てもわかりますが、着飾っている人よりもずっと人間味があって好きです。

柴又散歩_a0129492_09571374.jpeg

柴又散歩_a0129492_09581637.jpeg

柴又散歩_a0129492_09583388.jpeg
そんな事を考えながら、柴又散歩。
重要文化的景観国宝という横断幕が目に止まりました。

草団子が名物でとても美味しいというクチコミを見て、とらやさんで。ちょうど、炊き立てを奥からお店の方が持ってきたところで、その場でお団子状にちぎってくださった温かいお団子をいただきました。
柴又散歩_a0129492_10051888.jpeg

柴又散歩_a0129492_10062560.jpeg

柴又散歩_a0129492_10070484.jpeg
柴又帝釈天の境内に入ると、先方に寅さん発見?
このお寺は日蓮宗で、江戸時代まで遡ります。
柴又散歩_a0129492_10113975.jpeg

柴又散歩_a0129492_10122072.jpeg

柴又散歩_a0129492_10132186.jpeg
彫刻も素晴らしいですが、建物と庭の配置もよく考えられた造りで手入れも行き届いてます。

柴又散歩_a0129492_10163203.jpeg

柴又散歩_a0129492_10174101.jpeg
お天気にも恵まれたという事もあり、気持ちいい散歩。
柴又散歩_a0129492_10203626.jpeg
このあたりは、川魚料理が有名とのことで、鰻屋さん。
お値段によって、鰻の大きさが違うそうです^ ^
見学のメインは庭園が有名な山本邸でしたが、私的には帝釈天がとても参考になりました。
柴又散歩_a0129492_10270764.jpeg

柴又散歩_a0129492_10274834.jpeg
彫刻は面ごとに作家さんが異なります。
木の種類は欅。
扁額などは、欅のことが多いような感じがします。
松や杉などもありますが、柾目、板目かによって彫り方が違います。
建て主さんの家の欄間を彫刻師のおじいさまに彫っていただく打ち合わせをしたところ、年輪などによって彫り方が違ってくることや、彫りの深さや厚みなども考えませんと欠けてしまったり、剥がれてしまったりすることがわかりました。

柴又散歩_a0129492_10371687.jpeg

柴又散歩_a0129492_10374572.jpeg

柴又散歩_a0129492_10380884.jpeg
意外にも大きかった、寅さんのご実家。
模型を見ると、お店や家族が団欒する居間以外にも部屋が襖続きでありました。
柴又散歩_a0129492_10403175.jpeg
昔は、電車も手押しだった時代もあったのですね!
運賃は今で言えば、1000円。
柴又散歩_a0129492_10481505.jpeg

柴又散歩_a0129492_10503771.jpeg
マドンナ役の浅岡ルリ子さんは昨年、いらっしゃったようですね。
柴又散歩_a0129492_10521856.jpeg
色んな地域を旅して、実家に戻って騒動を引き起こすパターンですが、寅さんが結局、戻るところは妹のさくらさんが待つご実家です。
家庭ということを中心に描かれているとありました。
人の気持ちをよく知って、気の利く人柄のさくらさんが居て、身近にいる人を大事に丁寧な暮らしをしていることが幸せにつながっているのだと思います。

住まいは「集う、楽しむ、安らぎ」を得る場所です。
また、全ての方にそうあって欲しいと思います。
一人ひとりがそこに暮らすことの価値や居心地の良さを感じることの住まい。

これは、私が事務所開設当時から建築家としてどのようなポリシーで住まいを作っているかを紹介した建築家プロデュース会社に記載されているプロフィールです。

なので、家庭という事をメインに描かれた山田洋二監督の作品の地を訪ねたいとずっと思っていました。

柴又散歩_a0129492_11283978.jpeg

柴又散歩_a0129492_11291680.jpeg
上野まで歩いて不忍池。
柴又散歩_a0129492_11300685.jpeg
上野は、子供の頃に動物が好きだった私を父がよく私を連れてきてくれて居ましたが、今回、上野大仏をみたのは初めて…。
柴又散歩_a0129492_11323662.jpeg

柴又散歩_a0129492_11330177.jpeg
人集りが出来て居ましたので、近づくと早咲きの桜。
ここ数日の暖かさで、開花したのでしょう。
桜咲く季節が待ち遠しいですね。
新型コロナウイルスが蔓延して、人だけではなく、物流にも支障が出ています。
早く収束しますように。

山本邸は、別の記事に分けて書きます。

トラックバックURL : https://kiraralife.exblog.jp/tb/240147290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by touseigama696 at 2020-02-26 23:07
懐かしい写真を沢山拝見しました 多謝
実は私は幼い頃10年ほど柴又と浄水場を挟んだ金町という町に住んでいました
帝釈天は庭みたいなもので始終遊びに行ってたものです
参道入口の高木家さんの女将が母と幼なじみだったり 川千家のご当主が私の学校の先輩だったりつながりの深い町だったのです
男はつらいよの映画以来すっかり有名になってしまいましたが 私には今でも昔の儘
参道に響く切り飴の包丁の音や売り子の呼び声が耳に残っています
トラさんの映画も4作目のマドンナが栗原小巻さんのとき取材でロケにつき合って一日一緒に過ごしたこともありました
丁度今年で50年になります
まだ栗原さんが青春スターだった頃です

ここから上野まであるいたんですか?
凄いですね 10㌔超の距離ではないでしょうか でも登山家には普通の距離かな

不忍の池は後に中学からは学校が日暮里だったのでまたまた庭みたいに近いところで 學校サボって悪友と遊びに抜けだしたりしたものです

今日はわざわざ私の庭を散歩していただいてありがとうございました(笑)
Commented by atelier-kirara at 2020-02-28 18:57
> touseigama696さん
お庭におじゃましました。
住んでいらっしゃったとのこと、良い町ですね。
草餅、子供の頃に祖母が作ってくれた懐かしい味がしました。
とらさん、50周年ですね。
相談業務の職場の先輩に柴又ご出身の方が居て後日色々聞くことができました。
湯島、上野も歩きましたが、歩くのが好きなので良い気晴らしになりました。
早咲きの桜も見ました。
祖母が日本橋で育っているのですが、子供の頃、よく連れてきてもらって
私にとっても懐かしい散歩道でした。
by atelier-kirara | 2020-02-26 07:42 | 旅・建築のことなど | Trackback | Comments(2)