人気ブログランキング |

ワタシ流 暮らし方 ☆アトリエきらら一級建築士事務所☆ 日常のこと建築のこと気ままに書いています。気長にお付き合い頂ければ幸いです。アトリエきらら 小林輝子

小樽歴史的建築物 

小樽歴史的建築物 _a0129492_17414682.jpeg
3日目は小樽へ。
小樽運河をはじめ、歴史的保存地区が多く残る地域。
小樽歴史的建築物 _a0129492_17433782.jpeg

小樽歴史的建築物 _a0129492_17452123.jpeg

小樽歴史的建築物 _a0129492_17455814.jpeg

小樽歴史的建築物 _a0129492_17462770.jpeg
この日は生憎のお天気で、吹雪いていました。
指定文化財の建物の殆どの用途が旧銀行などの金融機関。石造の建築です。
宇都宮市が大谷石を使うように小樽市も地元産の軟石が使われて居ます。木造だけでは耐火性が劣るため、加工しやすく、しかも密度の高い地元の石が使われたようです。
小樽歴史的建築物 _a0129492_17543762.jpeg
加工性が良く、密度が高いということは細やかな装飾も造れますし、風化せず後世に残せる可能性があらということでしょうね。
小樽歴史的建築物 _a0129492_17565791.jpeg

小樽歴史的建築物 _a0129492_17572877.jpeg

小樽歴史的建築物 _a0129492_17575240.jpeg

小樽歴史的建築物 _a0129492_17581679.jpeg

小樽歴史的建築物 _a0129492_17584336.jpeg
煉瓦造もあります。
どちらかといえば、運河や港に近い位置に煉瓦造が多く見られました。
用途は倉庫など。
小樽歴史的建築物 _a0129492_18004265.jpeg

小樽歴史的建築物 _a0129492_18010783.jpeg
イギリスの冊子に取り上げられたというホテル。
北海道初の外国人向けの宿泊施設旧越中屋ホテルということですが、改装されてオープンしたのが2019年の4月なので最近ですね。
ブテックホテルとのこと。
当時の外観も建築的美観をそのままに再生された歴史的建造物となって居ます。
小樽歴史的建築物 _a0129492_18091748.jpeg

小樽歴史的建築物 _a0129492_18094393.jpeg
港のほうに歩いて行くと、体感温度は零下8度は下まわるくらいの寒さ。私は比較的寒さには強いほうですが、まつ毛も前髪も凍りました。

暖かい室内に入ると、マスカラも溶けて化粧落ち。
小樽歴史的建築物 _a0129492_18151732.jpeg

小樽歴史的建築物 _a0129492_18154875.jpeg
ランチの時間が過ぎてしまいましたので回転寿司になりましたが、とても新鮮で美味しかったです。

この後、寒いので屋内にしようと小樽水族館まで行ってみました。

トラックバックURL : https://kiraralife.exblog.jp/tb/240057348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by atelier-kirara | 2020-02-08 17:40 | 旅・建築のことなど | Trackback | Comments(0)