人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大宮区役所新庁舎

大宮区役所新庁舎_a0129492_13323361.jpeg


朝のサイクリング。
新しくなった大宮区役所は、かつて製糸で栄えた地域ということから絹糸をまとった柔らかなデザインが特徴とのこと。

実際観て、久しぶりに良い!と思いました。
最近ではアルミキャストのパネルを纏った外装を街中でよく見かけます。
金属職人が手作業で製作しているものもあり、意匠的にも使い方によっては拘れる面白さがあると思います。

ケヤキ並木が今も当時のまま残されている参道のすぐ脇のエリア。周りの環境と建物の雰囲気が調和しています。
2階には図書館、1階にはカフェが入っています。

地元の駅周辺が昨年あたりから急ピッチで開発中。計画道路も我が家の近くを横断。
こうした都市計画は、バブル期の頃から少しずつ計画されてきたものが多く、正確には急ではないのですが。

新庁舎は、中間免震を採用。大宮駅東口から多少離れますが駅周辺の建設中の複合施設は免震構造。
これからの地震に備えてということになりますが、この辺りは災害には強いエリア。緑と建物と暮らしやすい街になるように願っています。

また、東京、埼玉、神奈川、千葉、茨城を除く地方で公共の建物、郵便局、病院、住宅や各交通機関など主要駅周辺からエリアを決めてその中で生活が成り立つような取り組みが始まって居ます。
エリア以外は家など建てられないことになりますが、インフラが整備されないので、暮らし難くなると思います。
国の空き家対策としての試みなのかと思いますが、知人からも前の土地が、住居系地域から調整区域になったと聞いて身近な事と実感しました。



☆新大宮区役所庁舎
大宮区役所新庁舎_a0129492_14000826.jpeg

大宮区役所新庁舎_a0129492_14002522.jpeg

大宮区役所新庁舎_a0129492_14004783.jpeg
設計
久米設計・シーラカンスK&H・大成建設設計共同企業体
構造
鉄骨造、一部CFT造(コンクリート充填鋼管構造)、中間免震。

by atelier-kirara | 2019-05-12 09:32 | 旅・建築のことなど | Comments(0)

日常のこと建築のこと気ままに書いています。気長にお付き合い頂ければ幸いです。アトリエきらら 小林輝子


by atelier-kirara