人気ブログランキング |

ワタシ流 暮らし方 ☆アトリエきらら一級建築士事務所☆ 日常のこと建築のこと気ままに書いています。気長にお付き合い頂ければ幸いです。アトリエきらら 小林輝子

春の横隈山ハイキング

春の横隈山ハイキング_a0129492_18121966.jpeg
同じ県内で設計事務所を主宰している友達に誘われて秩父鉄道ハイキングに行って来ました。
春の横隈山ハイキング_a0129492_18145666.jpeg

春の横隈山ハイキング_a0129492_18152884.jpeg
野上駅から一般道を30分ほど歩いて林道へ。
春の横隈山ハイキング_a0129492_18172963.jpeg

春の横隈山ハイキング_a0129492_18174855.jpeg
かつて隠れキリシタンの集落があったと云われている出牛峠を越えて。
春の横隈山ハイキング_a0129492_18192780.jpeg
行きは少し下りがあったものの、殆どが登り。
35分登って、山沿いの舗装された林道に出て、コンクリート舗装された坂道を40分。
そこから横隈山の登山口に入って頂上までの40分。
春の横隈山ハイキング_a0129492_18194042.jpeg
途中の道山茱萸を見かけました。
この日は山桜もちらほらと咲き始め。
春の横隈山ハイキング_a0129492_18271790.jpeg
梅は見頃。
高さが抑えられているので、里山で梅干しを作っているのでしょうね。
私が子供の頃、祖母の家の敷地内に梅林や姫竹林があり、梅林は梅が収穫できるように低木にしていた記憶があります。
祖母が自宅用に作っていただけですから、商売用ではありませんが保存できるように塩分の多い梅干しでした。

春の横隈山ハイキング_a0129492_18310133.jpeg


頂上に辿りついた頃には、ぐったり。
山ガールに目覚めた友達のペースは速いので、私のペースに合わせてくれました。

春の横隈山ハイキング_a0129492_18362504.jpeg

春の横隈山ハイキング_a0129492_18352730.jpeg
快晴で景色も良く、仕事の話もできたり楽しかったのですが。
やはり、運動不足が祟ったのか寝不足しているのか、いつもの調子が出ませんでした。
春の横隈山ハイキング_a0129492_18482809.jpeg
山頂で30分休憩。
いつもの4時起きして、スープジャーに豚汁。
タッパにデンブのおにぎり、肉巻き、鯖の玉子焼き、ぬか漬けを作って詰めて行きました。

帰りは2時間で16.3キロの道のりを5時間。25872歩。久しぶりに急に歩いたので、駅に着いた頃には右脚の付け根が痛くなり、階段上るのが大変でした…。
山から戻ってからは施主さんと電話。


仕事に行く途中の階段は手摺のお世話に。こんな時、階段に付いている手摺の有難さに気が付きます。
階段の上りが痛みで困難。

登山靴で舗装された林道を歩いたのでそれも脚に負担がかかった一因かもしれません。(登山靴は岩を登る事もあるので底が硬い)

急に年取った気分ですが手摺のちょうどいい高さが確認出来たので良かった?です。
それでも晴れた日のハイキングは気持ち良く癒されました。

トラックバックURL : https://kiraralife.exblog.jp/tb/239167082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by atelier-kirara | 2019-03-25 18:11 | お付き合い(登山) | Trackback | Comments(0)