NEW POST

新宿から

a0129492_08284155.jpg
新宿駅から地下道を通って地上に出ると高層ビル群のある場所に出ます。
このあたりのオフィスビルのリノベーションの現場監理でずっと、缶詰になっていたことがあります。

a0129492_08292125.jpg
高層ビル群が建ち並んで居ても、緑とのバランスが取れている地域。

a0129492_08332155.jpg

a0129492_08334016.jpg

a0129492_08340999.jpg

a0129492_08342509.jpg

地下道には、工学院大学建築学科の学生が製作した模型が展示されています。

建築家 吉村順三
建築家 アントニン・レーモンド

設計の2点です。

一般の方でもわかりやすい作品は
吉村順三
箱根ホテル小涌園(箱根)
アントニン・レーモンド
イタリア大使館別荘(中禅寺湖)

どちらも、それぞれに特徴はあり、木遣いが上手な建築家です。
木遣いが上手だということは、コンクリートや鉄など他の材料の魅力を引き出した設計やディテールの構成にも長けているという特徴もあります。

この季節、お天気が良い日に都内というのも良いものですね。
ビルの谷間から、樹木を介してそよぐ風が心地よく。ここ連日、睡眠時間が取れない状況なのでお昼寝したい気分になりました。

元々、2時間睡眠で足りて居ました。
ですが、30代後半から4時間程度寝ませんとスッキリしなくなりました。
終日、外出する仕事で無ければ図面描く合間に15分も目を閉じればすっきりするのですが。

a0129492_08502744.jpg

a0129492_08504148.jpg
昨夜は、仕事帰りに浦和に寄り
女技会の会報作りに参加。
海外への発送もして居て、毎月楽しみに購読されている方もいらっしゃいます。

a0129492_08513726.jpg
帰りに皆んなで、軽く食事。
建築女子なので、色々と建築に関する情報交換。
自営をして居ますと、孤立しやすい事もあり、大事な事が入ってこなくなったりもします。

安定した技術の維持や向上の為には、こうした集まりも必要だと感じて居ます。
建築女性ばかりの会ですが、イベントや見学会、勉強会などには会員の旦那さまやご家族もご一緒出来ます。

街歩きや歴史的建造物なども講師を招いて行う勉強会もあり、有意義な会。
建築意外にも、手づくりのお料理を持ち寄りしたり、茶道体験をしたりと色々楽しい事もあります。

トラックバックURL : https://kiraralife.exblog.jp/tb/23903598
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by atelier-kirara | 2017-05-23 08:28 | 散歩・食べ歩き | Trackback | Comments(0)

アトリエきらら一級建築士事務所 小林輝子


by atelier-kirara