NEW POST

屋根葺き材

a0129492_09270628.jpeg

今、気になっているガルバリウム。
菱形に貼っていく形状のもの。
元々は、銅板でその多くは東北地方でよく見かける伝統的な葺き方です。

前に、屋根メーカーさんで同じ埼玉に本社を構えるタニタハウジングウエアで勉強会をさせていただいた時にも説明を受けていますが、施工性も良くて可愛らしい感じになるので、ファサードからも屋根が見える小ぶりな家の「屋根」に使ってみたいと思って居ます。
a0129492_09385001.jpeg
先日のさいたま支社プラネットジャパン(塗装メーカーさん)での勉強会では、壁に施工されているのを見かけましたが、関東では、設計者で壁に使う方が増えているような気がします。
好みもありますから、施主さん次第です。
先日も設計者仲間同士で話して居ましたが、理由はわかりませんが、既製品ではなくても加工できる職人さんの多くは東北に居ます。
メンテナンス性も良さそうです。
積雪のある地域は特にメンテナンスの容易さなどは、重要です。
寒い地域で育まれた技術なのでしょうね。

トラックバックURL : https://kiraralife.exblog.jp/tb/238882155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by atelier-kirara | 2018-11-27 09:28 | 素材・機器 | Trackback | Comments(0)

アトリエきらら一級建築士事務所 小林輝子


by atelier-kirara