NEW POST

連休最終日

a0129492_18550216.jpeg
仕事から帰宅すると、姪が青白い顔で同級生のお母さん達に連れられて帰ってきました。

どうやら、喧嘩した様子。
喧嘩両成敗ということはありますが、喧嘩の仕方や加減を知らなければ思わぬ事故に繋がることもあります。
お腹が痛いという姪を連れて夜間診療の救急へ。 医師の話によると状況から傷害事件扱いになってしまうようで、保険適用になるかわからないとのこと。

相手の親御さんに診療代を請求してくださいというのが、病院の意向です。
医師の友達に聞くと、小児科じゃなくて外科にかかって正解とのことでした。
私も子供の頃は男の子と喧嘩したけど、お腹痛くなるほど蹴られたことは無いなぁと。

今の子供は喧嘩を知らない子が多いので、大変な事になることもあると友達。
親御さんが管理する必要もありますね。

連休最終日の救急病院は、夜間なのに色々な症状の患者さんで混雑して居ました。

私も風邪がようやく治ったので、病院で感染するわけにはいきません。
愛猫は、目が見えなくなったのか?階段から落下してしまいました。
人間では、100歳を超えているので仕方ないと思い、怪我しなかっただけでも良かったです。
先日は、浴槽の中に落ちて居ました…
水を汲んで無かったので良かったです。

母は、74歳になりましたが、家の中で運動と言って2階をゆっくりですが行き来しています。
家から出ない季節は適度に家の中で運動できる環境があったほうが母にとっては健康の秘訣。
寒いのはいけません。

なので、プランを考える時もなるべくは日照が取れる位置に長く居る部屋をもってきます。
基本設計を行いながら、不都合がある部分に関しては位置の変更を行う場合もあります。

中身が変わると外観も変わりますが、なにを優先するかによりますので。
建て主さんの希望にもよりますね。
決められた条件の中でできる事は限られますが、住み心地に満足してもらえるようには考えています。

家づくりが楽しいと感じて頂けることが一番嬉しいことです。
そう言って頂けることに感謝です。

連休と言っても仕事していましたが、最終日は、車で移動。
姪の病院への付き添いは予定外。


トラックバックURL : https://kiraralife.exblog.jp/tb/238876700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by atelier-kirara | 2018-11-26 18:50 | 仕事諸々 | Trackback | Comments(0)

アトリエきらら一級建築士事務所 小林輝子


by atelier-kirara