NEW POST

大阪北部での地震

昨日の朝に起きた大阪北部での地震。
小学校に通学途中の女の子が倒れてきた塀に押し潰されて亡くなったとの報道を見て胸が痛みました。

画面に映った塀をみて、2メートルは超えているだろう高さで既存の擁壁にブロック積みしたであろうものは控え壁など無く、配筋されている様子もないことから、基準法違反の塀ではないか?
と思いました。

外構だからといって、基準を満たして居なければ、災害等で、今回のようなことになりかねません。
周りを見渡すに、安全とは言えない擁壁なども私が住んでいる地域には結構みられます。
先ずは、そういった所には近づかないことですが、家が密集している事もありますね。
土圧を受ける擁壁と、ブロック塀は異なるものです。
ブロック塀の基準については、コンクリートブロック工業会のホームページで絵付きで書かれています。

古い戸建やマンションでは、一部損壊したとの話もありますが、今回の地震では、主に内部の家財などがめちゃくちゃになったというのが多いようです。

一昨日は、前橋、渋川での地震。
今回は、直下型の地震との事。

大阪に住む知人や友達は無事だったとの事。クリニックなど開設している友人は機材が心配だとも言っていました。
暫くは、気をつけないといけないと思います。
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。


トラックバックURL : https://kiraralife.exblog.jp/tb/238609108
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by atelier-kirara | 2018-06-18 18:51 | 旅・建築のことなど | Trackback | Comments(0)

アトリエきらら一級建築士事務所 小林輝子


by atelier-kirara