NEW POST

猫のてんかん

a0129492_18135027.jpeg
一昨日までは、元気だったのですが。
急にてんかんを発症してしまいました。
歳によるものなのか、抱えてる病気によるものなのかは、脳波を測る検査をしない限りは、わからないとのことで。
てんかんの薬や点滴をしながら様子見です。

昨年の冬あたりから、私のお布団のシーツが濡れることがあったので、あれは、彼女の失禁だったのだとわかりました。

トイレの場所まで辿りつけないようなので、いつも居るリビングに移しました。
かれこれ、20年以上も一緒に過ごしてきた家族なので、元気無いと寂しいものです。

てんかんの薬と腎臓の薬を、時間をあけて飲ませなくてはならないのが、母も辛いようですが、薬が効いてくれると良いです。

爪を切りに行ったのは、一昨日。
猫は老齢になると、1日でも体の衰えか早いと聞きますから、毎日、少しの時間でも様子を観察することが大事そうです。
a0129492_14561145.jpeg

a0129492_16202200.jpeg
病院から帰宅して、疲れたのでしょう。
寝ています。

トラックバックURL : https://kiraralife.exblog.jp/tb/238464696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by touseigama696 at 2018-04-18 09:33
我が家の桃次郎の晩年を思い出しながら
切ない思いで拝読しました
生涯を通して一言も思いを告げず
何があってもじっとついてくる
彼らの生きざまに・・胸が痛くなります
でも・・彼女はきっと幸せな日々を
感じていますよ・・お大事に
Commented by atelier-kirara at 2018-04-18 18:17
> touseigama696さん
ありがとうございます。
夜は、ひとりでは不安なのか、いつも通りに私のところで寝ますので、昨晩はおしめを敷いて一緒に寝ました。
その間、てんかん2回起きました。
薬が合うと良いのですが。
腎臓の持病も抱えて居ますので、少しでもてんかんの回数が、少なくなってくれれば良いです。
舌を噛み切ってしまわないように保定するのが中々、大変でしたが、ペットショップでなかなか、使える物を見つけて来ました。

何度も、死を間近にしましたが、この様子に慣れることは、無いですね。
いつか、別れも受け入れないといけないですね。
by atelier-kirara | 2018-04-17 18:13 | 家族(猫・文鳥・犬) | Trackback | Comments(2)

アトリエきらら一級建築士事務所 小林輝子


by atelier-kirara