NEW POST

地盤 東日本大震災から7年 猫とキブシ

a0129492_15583021.jpeg
毎日、庭の花を摘んできて一輪挿しに花を活けるのが、母の日課。
父さんの仏壇脇やキッチンに飾ります。
我が家でお炭でのお茶の稽古をする予定もあって茶花の手入れに精を出している母です。

有楽椿(ウラクツバキ)と気五倍子(キブシ)
キブシはかんざしの様に下に垂れ下がる花を咲かせますが、その佇まいは素朴で品の良い様子です。

因みに、4月6日生まれの方の誕生花です。
花言葉は、出会い。

母に、話したところ「お父さんの花だね」とのこと。そう、父の誕生日花。
膵臓癌で亡くなってから7年目。もうすぐ、東日本大震災から同じ月日が経ちます。
父が亡くなったのは8月ですから、地震の5ヶ月後という事になります。
小学校の建設を多くしてきた父は、子ども好きで子ども達の心配をして居ました。

今朝は、地盤屋さんが来るはずでしたが、担当の方が体調を崩されて病院とのことで延期に。
風邪等が流行って居ますし、私も、お休みは出来ないので気をつけなくてはと思います。

地盤屋さんとは、家を建てる予定の土地の地盤調査をする業種の方です。
場合によっては、地質も確認するために試料採取します。数値により、改良無し、表層改良、杭打ちのいずれかにするか決めていきます。

簡単に言うと、土の種類により向く向かない改良があります。

a0129492_16190622.jpeg
今日は、暖かくなるという天気予報でしたが、雨も止まず、少し肌寒い。
愛猫も、ペットマットから離れません。
夕方から、仕事ですから外出先から。

トラックバックURL : https://kiraralife.exblog.jp/tb/238380047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by atelier-kirara | 2018-03-09 15:57 | 家族(猫・文鳥・犬) | Trackback | Comments(0)

アトリエきらら一級建築士事務所 小林輝子


by atelier-kirara