人気ブログランキング |

ワタシ流 暮らし方 ☆アトリエきらら一級建築士事務所☆ 日常のこと建築のこと気ままに書いています。気長にお付き合い頂ければ幸いです。アトリエきらら 小林輝子

黒斑山 登山

黒斑山 登山_a0129492_08500771.jpg
噴煙上がる浅間山

【黒斑山登山】
車坂峠(9:45)→車坂山槍ヶ鞘【避難小屋】→赤ゾレの頭→トミーの頭→山頂(12:15-13:00)→トミーの頭→中コースおりて車坂峠→下山(14:20)

黒斑山 登山_a0129492_11070281.jpg
2日目に黒斑山へ。
高峰高原ランプの宿は標高2000mにある山荘です。
この日は夜に降った雪が積もり、アイゼンよりもスノーシューのほうが良いとの宿の方のアドバイスを頂いて準備しました。

黒斑山 登山_a0129492_11073344.jpg
途中、眺められる景色は遠方に蒼空が広がり、手前は水蒸気が結晶になり雪と一緒にきらきらと空中に漂ってダイヤモンドダストのような光景。
黒斑山 登山_a0129492_11063648.jpg
先々月、赤城山へ登ってきたばがりですが既に足取りが重そうな母。
それでも山歩きはしたいそうです。
私もこの日は、先月からの仕事で今週は少し休息をと思って居ましたので山歩きはリフレッシュで無理があれば途中下山しようと思って居ました。


黒斑山 登山_a0129492_11064644.jpg
が、この景色が遠目に見えてやはり、頂上まで。
黒斑山 登山_a0129492_11053671.jpg
トーミの頭から頂上までは20分。
黒斑山 登山_a0129492_11045149.jpg
頂上に居た達磨さん
どなたが作ったのでしょう?

黒斑山 登山_a0129492_11081132.jpg
黒斑山 登山_a0129492_11074456.jpg
頂上で即席の御粥を温めて食べ、体をあたためてから出発。
帰りは、片側が斜面。慎重に。
黒斑山 登山_a0129492_11081132.jpg
上空は蒼空。
冬山登山は、事前の計画など念入りの準備が必要です。いつも思うことですが、山登りは人生の下り坂、登り坂に似ています。
頑張ったぶんだけ、良い景色に恵まれます。

無事下山して、宿へ。
黒斑山 登山_a0129492_11061944.jpg
宿ではしっかり食事。
山の宿ですが、地元で採れたお野菜たっぷりのご飯。
黒斑山 登山_a0129492_11062085.jpg
黒斑山 登山_a0129492_11065510.jpg
数年前に建替えられた宿の内装はカラマツ。
カラマツは長野県の県産材です。地元の材を利用するのは理に適って良いことです。
黒斑山 登山_a0129492_11071059.jpg
黒斑山 登山_a0129492_11085931.jpg
カワラヒワ
アカゲラ
黒斑山 登山_a0129492_11075991.jpg
ゴジュウガラ
ホシガラス
ニホンリス
頭に雪をのせています

高峰温泉は自然の宝庫。小鳥や小動物、晴れた日には星空観察も出来ます。
帰りは雪上車の上にものせていただいて。
毎年、宿の方にとても親切にしていただいて感謝です。

※文字の上に動画のリンクを張ってありますので動画をご覧になりたい方はクリックで見て頂ければ幸いです。








第2回プラチナブロガーコンテスト



トラックバックURL : https://kiraralife.exblog.jp/tb/23666399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by satohit at 2017-02-21 13:14
冬の山歩きとは、お母さま元気ですね♪

自分はスキー以外、冬山の経験はありませんが・・
天気に恵まれると とても気持ちよさそう!
ちょっと憧れます ^^

Commented by atelier-kirara at 2017-02-21 19:54
> satohitさん
ありがとうございます。
母は慢性腎炎なのですが、山歩きしますと数値が良くなります。
ここ10年以上の間、透析せずに済んでいますで山歩きで健康が維持できるなら、できる限りおつきあいしようと思っています^ ^

冬山は、気象条件が厳しいので念入りに準備が必要ですが、晴れた日などはお花が咲く季節と違う景色が広がり平地では見る事が出来ない美しさがあります^ ^
by atelier-kirara | 2017-02-21 12:12 | お付き合い(登山) | Trackback | Comments(2)