人気ブログランキング | 話題のタグを見る

継手

継手_a0129492_913212.jpg
大工さん、框や柱などの継手を製作中。写真のものは「金輪継ぎ」という継ぎ手の種類です。状況や、場所によってどのような継手にするのかを決めます。
当然ながら設計段階でも軸組図には描いてありますが、リフォームの場合などは急遽考えることもあります。工場でプレカットに慣れてしまうとこのあたりの加工が出来ない大工さんもいらっしゃるそうですが、技術は常日頃からの仕事の中で磨かれるものなのでこうした現場が少なくなった?ということも問題のような気がします。
あれば幸いですが、そうでない場合も練習しておくということが大切ですね。設計業も同じようなことが言えますが。
継手_a0129492_9441453.jpg
この日は、友達が遊びに来ました。将来、木の家に住みたいからということで勉強中です。現場監理の日で、ちょうどお施主さんもいらっしゃいましたので一緒に入ることができました。
オープンハウスもここ数年していませんので、私の設計したものを見ることが出来るのは珍しいです。(ご依頼されるとわかっているお施主さんは別です)私のような意匠設計事務所は暮らし方から間取りからコンクリート造・木造問わず、建物全体の状況を把握しますが、専門的な部分(構造計画・設備計画)は協力いただいているそれ専門のそれぞれの事務所に外注します。

私は・・・今のところ、健康面に関してはなにも問題はありませんが、現場でも体力あるね~と感心されます。”耐力”だけが取り柄かもしれません。
by atelier-kirara | 2014-09-27 20:12 | ◆S邸古民家再生・改修 | Comments(0)

日常のこと建築のこと気ままに書いています。気長にお付き合い頂ければ幸いです。アトリエきらら 小林輝子


by atelier-kirara