NEW POST

ヒノキの香り

a0129492_01163746.jpg
住宅のご依頼のご相談。
ホッとする雰囲気を持った家で、外国の田舎にあるような佇まいで機能的でシンプルな使い心地の住まいにしたい。

考えながら、車を走らせているとどこからかヒノキの香りが漂ってきました。
前方にヒノキを積んだトラックが。
よく見ると、薄く剥いでありました。きっと屋根下地や檜皮葺に使うのでしょう。
珍しいですね!
国産のヒノキの香りはすぐにわかります。
ヒバも同じですが、国産と外国から入ってきたものとでは香りが異なります。
本当に良い香り。

離れたくはありませんでしたが、トラックは秩父の市街へ向かっていったようです。
私は山梨へ。

トラックバックURL : http://kiraralife.exblog.jp/tb/23824470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fujiryujin at 2017-04-19 04:52
こんばんは~(*^▽^*)/

ヒノキと言えば、資材置場にと買った土地に古屋があって、かれこれ4~50年は経っているのですが、床も建物もしっかりしているので、使用の材木を見てみたら、ほとんどがヒノキでした(*^^)v ヒノキは強いんですね~。驚きました\(◎o◎)/!
Commented by 小林輝子 at 2017-04-19 07:49 x
fujiryujinさん
おはようございます(*^^*)

買われた古屋がヒノキの床だったのですね!建物全体がしっかりしているとの事ですので、材の面倒をよく見る事が出来る職人さんが建てられたのだと思います^ ^

やはり、50年くらい経っている建物ですが木曽檜でしっかり作られた住まいを施主さんに見せていただいて、三五(三寸五分)に満たない柱構成なのに、まだまだしっかりしていました。
「もったいないから壊さないでリフォームしましょう。」
と言いたかったのですが、都心では近隣や採光や条例でかかる防火のこともあり、建替えでないと現行法に合わせるには難しくて。。

施主さんも、その家は愛着があるのに建替えないとならないことがわかってて、私も建て替えで進めました。

本当に、良質の材で、良い職人さんに作っていただいた家は長持ちしますね。

資材置き場にされてるとのことですが、工務店をされているのでしたね。
良い古屋付きの土地を買われましたね。

機会がありましたら、立ち寄らせていただきたいです(*^^*)
Commented by fujiryujin at 2017-04-21 00:49
4~50年も経っていると、耐震や断熱材等あって、なかなか思う様にはいかないですよね。
適切なご判断かと思います。

資材置場の古屋ですが、古民家でしたら見て頂きたいのですが、残念ながらそうではないので、またの機会に!(*^_^*)
ブログ、いつも楽しく拝見させて頂いております。
これからもよろしくお願いします。 フジ
Commented by atelier-kirara at 2017-04-21 06:42
> fujiryujinさん
ありがとうございます。

では、またの機会に(*^^*)
私も、ホッとひと息入れる際に、拝見させて頂いております。
こちらこそです!
これからもよろしくお願いします。
by atelier-kirara | 2017-04-19 01:16 | 仕事諸々 | Trackback | Comments(4)

アトリエきらら一級建築士事務所 小林輝子


by atelier-kirara