NEW POST

佐倉市武家屋敷

a0129492_09000262.jpeg
現在も武家屋敷が残る佐倉市。
夕方近くになってしまいましたので、時間の関係もあり、重要文化財指定になっている二軒を観てきました。
a0129492_09032813.jpeg

a0129492_09043317.jpeg

a0129492_09045742.jpeg
【旧堀田邸】
百年名家でも放送された武家の住まい。
大津壁などの仕上げになっています。
柔らかな壁の色が落ち着きますね。
その部屋の格式により、左官を選んでいるようでした。
ムクリ屋根の曲線も美しいです。
a0129492_09162511.jpeg
お庭は広々としています。
紅葉真っ盛り。
a0129492_09182000.jpeg
縁側に射し込む陽射しが暖かく。
やはり、自然光に包まれる居心地の良さは何にも代え難く。
a0129492_09211908.jpeg

a0129492_09214933.jpeg

a0129492_09221074.jpeg
欄間や、照明、建具のツマミ。
欄間の彫り込み、ツマミは職人さんによる手作りでしょうね。
遊び心も感じられ、とても可愛らしく仕上がってます。
a0129492_09252923.jpeg

a0129492_09262921.jpeg
【佐倉順天堂記念館】
佐倉順天堂は、順天堂の創立者 佐藤泰然が天保14年に開設した診療所です。
また、蘭学医学を学ぶ塾としても使用されていました。
内部は、漆喰の折り上げ天井になっており、この時代の診療所としての雰囲気を感じることができます。
漆喰は、雑菌などの繁殖を抑えるなど雑菌効果も期待出来ますから細菌の繁殖しやすい施設などには、理に適った材料です。

トラックバックURL : http://kiraralife.exblog.jp/tb/238056242
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by atelier-kirara | 2017-12-07 08:57 | 旅・建築のことなど | Trackback | Comments(0)

アトリエきらら一級建築士事務所 小林輝子


by atelier-kirara