NEW POST

水まわり

昨日は、スマートフォンを自宅に忘れてきてしまいました。
メールで送られてきた地図もスマホの中。
予定していたお宅に辿り着けるか不安でした。

お宅に打ち合わせに行く際に、昔は、コンパクト地図を持って出かけていました。
最近はスマートフォンの地図アプリが頼り。
現在地と地図が合わせてみることができる便利さから、手放せなくなっています。
目的地までナビゲーションをしてくれるので、それに頼りすぎることで地図が読めない人が増えて居るようですね。

ということで、ドキドキしながらの一日でしたが、結局はタブレットに頼りました。

タブレットはスマートフォンと同じ機能を持っています。
今までは、外出先での書類や図面のチェックにしか使って居ませんでしたが、画面が大きいので地図なども意外と見易いということがわかりました。

a0129492_03500189.jpg
a0129492_03521937.jpg

建て主さんとAEG(アエゲー)、Miele(ミーレ)のショールーム。
食洗器は使い勝手の好みが別れますが、日本製のものは前板ごと引き出しのように引き出すタイプが多く、海外製では、写真のように前板が開くタイプになっています。
引き出すタイプよりも開くタイプのほうが家事動線(作業床)の幅を取りますが、キッチン内で動き回る床幅にゆとりがあるようでしたら、入れた食器が見やすい前板が開くタイプのほうが良いと私は思います。

a0129492_04205305.jpg
そして、前に撮った写真。
スリムな冷凍庫。
冷蔵よりも冷凍にすることが多い家庭には便利です。冷蔵庫は意外と冷凍スペースが少ないと思います。
わが家もですが・・・
宅配で一週間ぶんの食材を注文している家庭や、お菓子作りを趣味にされている奥様方にウケが良いようです。
a0129492_04203043.jpg

帰宅し、お夕飯を食べたのが20時頃。
寒くなりましたので、浴室を温めて。
一度、リフォームした際に既存の壁を解体してみると、コンクリートブロック直にモルタル+タイルでしたので壁を内側に造り、
断熱材で浴室を包みましたので、それだけでも外気の影響を受けることはなくなりましたが、入浴前に洗面脱衣所と浴室に設置した浴室暖房乾燥機(親子)で暖房を入れておくと良いです。
但し、浴室暖房乾燥機は風が出ますから、肌にあたると逆に寒さを感じることになってしまうので入浴の際はオフにしておくことです。
入る前に暖房機を使用。入る直前にシャワーで壁面や床面を熱湯をかけて温める。
これだけで十分、ヒートショックを防ぐことができます。

室内の気温差で健康を損なっても困りますね!
心筋梗塞や脳梗塞を防ぐ為にも「浴室が寒くて、冬はお風呂に入るのが面倒」と思われている方は、リフォームをするのが良いのですが、「床にマットを敷く。」「壁面や床面にシャワーで熱湯をかけて温める」というだけでも充分な効果はありますので、是非、試していただければと思います。




トラックバックURL : http://kiraralife.exblog.jp/tb/238043091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by voyant-art at 2017-12-04 23:18
はじめまして。ボヤントです。
随分前から気になっていたブログなのですが、
春先よりブログ更新&訪問から離れていました。

実は私の親族も友人も建築家だらけでしてね。
建築は大好きなんです。
だからインテリア・アートが自身には向いていたと、
今頃、今頃!気付きまして。笑
なんていうか絵画ではなくデザイン。
デザインを生活の中で楽しむ提案をしたいな。
来春にはインテリア・アートのHPを立ち上げます。
ご意見など聞かせて頂けたらと思います。
どうぞよろしく!
Commented by atelier-kirara at 2017-12-05 07:15
voyant-artさん
はじめまして。
ありがとうございます!
以前から読んでいただいていたのですね(^^)

お友人にも、ご親戚にも建築家が多いのですね。
私の妹夫婦も建築&インテリアプランナーを生業としていたりしますので、建築関係に携わっている方って結構身近に居ますよね^^

インテリア・アートのHP楽しみにしていますね。
どうぞ宜しくお願い致します。
by atelier-kirara | 2017-12-03 04:47 | 仕事諸々 | Trackback | Comments(2)

アトリエきらら一級建築士事務所 小林輝子


by atelier-kirara