NEW POST

遺される建築

a0129492_07264622.jpeg

事務所に定期的に送られてくるアーキテクツマガジン。


象設計集団の設立時のメンバーのお一人富田玲子さん。歳を重ねても輝いて居ます。これまで沢山の建築を手がけて来た中に、埼玉の宮代町立笠原小学校があります。


時代を重ねる毎に良い風合いに。


のびのびと子供達が過ごせる心地良い場所になって居ます。

学校建築は父が多く手がけて居たこともあり、私にとっては特別な思いがあります。


卒業設計課題を小学校にしたので、大学時代に一度。

最近、近くを通ったついでに一度、見てきました。


宮代小学校の近くに、進修館があります。ここも、象設計集団が手がけました。

時を経ても、美しく経年変化する建物は魅力的です。建物は、居心地も良さも大事です。心地よい場所は、地域の人達に愛されます。


先々のことを見越した計画が大切ですね。


トラックバックURL : http://kiraralife.exblog.jp/tb/237932790
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by atelier-kirara | 2017-10-30 07:25 | 旅・建築のことなど | Trackback | Comments(0)

アトリエきらら一級建築士事務所 小林輝子


by atelier-kirara