NEW POST

次世代に引き継ぐ住まい

a0129492_17431712.jpeg


a0129492_08371022.jpeg
私のスマホからなので画像解像度は低いのですが、お天気は撮影日和。
a0129492_17414466.jpeg

a0129492_17465090.jpeg
花瓶に挿した芍薬は、石巻では今が旬。
a0129492_18033448.jpeg
a0129492_12573098.jpg

a0129492_17511235.jpeg

a0129492_17521896.jpeg
奥さまとお嫁さんと並んでキッチンに立たれたので、写真を撮らせていただきました。
炊き込みご飯とホヤはポン酢で。お野菜も作られている地のモノでとっても美味しくいただきました。
設計依頼をお受けしてから、何度となく手作りご飯をご馳走になっていますが育てていらっしゃるお米もとても美味しくてつい、食べ過ぎます。ですが、体に優しい食材。
a0129492_17583172.jpeg

a0129492_18131685.jpeg

a0129492_18141483.jpeg
テレビボードに置かれた陶器のシェードから溢れる灯りが柔らかな雰囲気を演出していました。これからも住まいと家族の歴史を重ねて頂けると嬉しいです。
a0129492_18135509.jpeg

気持ちよく丁寧に住んでいただいていることが半年ぶりに伺ってよくわかりました。
写真を撮りながら建具や造作材の具合などを見ましたので、職人さんに報告しました。「一年点検」ということで、造作材など細かいことですが調整したりする部分はしていただくことになります。

多くの人が津波の被害を乗り越えて今があります。建て主さんやその周りの人も大切な人を失う経験をしました。
忘れ得ない記憶としてあの日のことはこれからもずっと語られて行かれると思います。
子供の頃に、家族旅行で何度か行った女川の旅館。その後、何度かプライベートでも石巻へ足を運ぶことがありました。そして、縁あって建て主さんとの出会い。
全てを通して感じたことは、こちらの生活ではとても叶えることが出来ない(日常の生活で忘れかけている大切なこと。人との繋がり。)心や暮らしの豊かさが石巻にはあるような気がしました。

トラックバックURL : http://kiraralife.exblog.jp/tb/22852759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ichibannori at 2016-05-29 20:19
atelier-kiraraさん こんにちは

限りなく一次製品に近い木工品はシンプルイズベスト。
いつになっても飽きがこず価値が高まりますね。
我が家もカリモク製のダイニングセットは一生物と思って使っていましたが、
家族構成も変わり肩の荷が重すぎ不用品して廃品処理にしました。
Commented by atelier-kirara at 2016-05-29 23:50
ichibannoriさん、今晩は。
そして、東北より帰宅しましたのでただいま帰りました。
母が好きでカリモクの家具我が家も食卓で使っています。リビングのガラス製のローテブルは父が鉋をかけてガタガタになってしまいましたが無垢で出来ているので職人さんに削り直してもらおうと遺してあります。
暮らしが変わると使う家具も変わりますね。建主さんのこちらの住まいのテーブルはずっと使ってほしくて、とても良い木を職人さんが出してくださって2,800mmの長さがあってもダレることなく軽い感じに仕上げました。
椅子とソファはアルフレックスでソファはとても重たいのですが横になれるように。椅子は軽い方が良いとの事で奥さまが選びましたが正解でした。
ご主人が選んだ革の椅子も座り心地よく、グレーの上品な色合いで。

ありがとうございます。
デザインを主張せず、さりげなく作ったテーブルが良いね!と、建築写真家の先輩にも言われました。
何時になっても飽きがこず、価値が高まる製品を少しでも作っていくことが出来ればと思います。
by atelier-kirara | 2016-05-28 17:40 | 東北W邸リフォーム・補修 | Trackback | Comments(2)

アトリエきらら一級建築士事務所 小林輝子


by atelier-kirara
プロフィールを見る
画像一覧