はじめに

a0129492_18231116.jpg
モロンボンの丘からプロムナード・デ・サングレを撮影~南から北へ-旅の途中~


■■■ ■■ ■■■
人が生活の中で美しいものを『美しい』、温かいものを『温かい』と思う感覚を大切に、五感に心地よく響くような空間作りをしている一級建築士事務所です。

「料理すること」「食事すること」が日常の楽しみ。季節の変化を楽しみながらの暮らしは心豊かに過ごすことができる大切な時間です。

庭で花を育てたり、家族との時間は楽しみのひとつ。

自然素材を大切にしたい。
私達の体も自然の恵みから得た一部です。
自然から得た無垢の素材は触れることで、包み込むようなあたたかさを人に伝えます。季節ごとに体温の調節もしてくれるでしょう。
長い時を経て生きてきた生命力に毎日接することで体調が良くなるのを感じることができるかも知れません。

後世に渡り多くの人に愛されて受け継がれていかれるようなモノづくりを大切に。
人にも環境にも優しい建築を提案し作り続けています。

当事務所では、体に優しく健康的で、心地良い暮らしを軸に「集う」「楽しむ」「安らぎ」を動線・収納計画に取り込み、すっきりとした暮らしができるようバランスを考えた住まいづくりを心がけて居ます。

ブログは日常のことなどを気ままに書いていますので、お付き合いくだされば幸いです。

アトリエきらら一級建築士事務所  
代表 小林輝子(Teruko Kobayashi)

事業内容
・新築
・古民家や民家の再生
・リノベーション
・リフォーム
・耐震改修

大宮事務所<大宮駅よりバスで20分>
四谷事務所<四谷三丁目駅から徒歩5分>

登録:一級建築士事務所 第9755号  
建築士賠償保険加入事務所
神奈川県木造住宅耐震実務講習終了
No.19-1-104
震災建築物応急危険度判定士
被災度区分判定復旧技術事務所

資格:一級建築士・カラーコーディネーター・古民家鑑定士一級
電話:048-685-8277(携帯:090-2623-5205)
E-mail:teruko@pichan.com

☆ご相談無料です。
☆プランは有料になります。

▪️お電話かけていただく場合
月曜〜土曜:9:00〜18:00
▪️メールをいただく場合
お気軽にお問い合わせください。



続きを読む
# by atelier-kirara | 2017-12-31 00:00 | はじめに

建築散歩

a0129492_20131103.jpg
今朝、岩根絞の大輪の花が咲きました。この花を見ると、毎年そろそろ桜が開花する季節だと感じることが出来ます。
ですが、今朝は風が冷たかったです。
そのぶん、桜は長い期間楽しめそうですね。
a0129492_20163813.jpg

a0129492_20171177.jpg
昨日は、建築家仲間の計らいでご両親の代から引き継がれて空き家であった住まいを地域の方が利用できるように改装された古民家に案内して頂きました。
設計者や、施工者とのやり取りされてきたことをオーナーさんからお聞きしました。
「大変な事もありましたけど、そのぶん楽しみました」と仰る言葉から相当な時間をかけて根気強く職人に伝え、思い描くものを作られてきたことがわかりました。
a0129492_20304983.jpg
手洗い場はこんな可愛らしい衛生機器も。
ヨーロッパの中古で出た陶器ですが、設備工事の職人さんが苦労した痕がありました。
給排水設備なども、水漏れしないようにきっちりとおさめてありました。

古民家を再生するのは時間がかかるものです。
構造強度や性能を現代の基準に合わせようとすれば、古民家ならではの面影が無くなるという可能性も高く、そこまでするなら建て替えてしまったほうが良いと、される場合もあります。

ですが、現況の状態にもよりますが、当時の遺したい面影をそのままに安全とされる強度にすることも、現代の性能に近づけることも技術的には可能です。

住まいであれば、冷暖房の効率が良く、寒さ暑さはある程度凌げるもの。
掃除のし易さ、家事動線の使い易さということが大切になります。

不特定多数の人が使えるような場では、無理な動きをしなくても移動できるような動線などバリアーフリーを意識した作り方が大切になります。
オーナーさんはそのことをよく勉強されて作られたということがわかるような佇まい。

a0129492_20530707.jpg

a0129492_21075695.jpg
その後、石神井公園を歩いて向山公園へ。
建築家の内藤氏設計の茶室やコミュニティ会館を見学させて頂きました。
正面から見ると、小扉の下部の痛みが目立ちますが、庇とのバランスもあるのでしょう。
a0129492_20552459.jpg
RC造ですが、屋根が曲線を描き、ムクリが付いていますね。
a0129492_20554990.jpg
杉板の型枠でコンクリートを打つこだわり。
床板は、欅でした。
この辺りを歩いていると、太い欅が多く見られました。公共のシンボリックなものに地元の材を取り入れる。拘りでしょうか。

a0129492_20595898.jpg
有名な、石神井アパート。
建築家 妹島氏の設計です。
a0129492_21060111.jpg
こちらは、コンクリートブロック造に見えますがRC造。と建築散歩は見出すと止まらなくなります。
ですが、同業の仲間とまわると意見も見方も色々あって勉強にもなり、面白いものです。

この日は13,788歩数。8.2km歩きました。

# by atelier-kirara | 2017-03-22 20:13 | 旅・建築のことなど | Trackback | Comments(0)

山歩き 日和田山

a0129492_10492261.jpg
【我家の庭から】
今年はサクランボの花がたくさん咲きました。
小鳥が来て啄みますが、人間にもお裾分け出来るほど実りますでしょうか。

お彼岸で、道路は閑散として居ます。
ご実家に御墓参りに行かれている方もいらっしゃると思います。
父のお墓参りも、お掃除も終えました。

a0129492_10581011.jpg
昨日は、友達2人と母と日和田山へ。
日和田山は埼玉県日高市にある比較的登りやすい山です。
a0129492_11010840.jpg

a0129492_11020364.jpg

a0129492_11025017.jpg
自生するヤブツバキやキブシなども花が咲いて、山も彩り賑やか。
a0129492_11053049.jpg
サンシュも咲いて居ました。
a0129492_11064965.jpg
山野草などはこれからです。
a0129492_11075423.jpg

a0129492_11082657.jpg
歩く先を見ると、
天然記念物に指定されているニホンカモシカ!
白毛が見えるので、まだ若いのでしょうか。
私達を見ても逃げる事なく、こちらをずっと見て居ました。
こんなところで、彼を見られるなんて。
友達は大はしゃぎしそうなのを抑えて、立ち去るのを見守ります。

a0129492_11123616.jpg
ずっと前から居る白猫。
a0129492_11131471.jpg
『シロちゃん』と呼ばれているみたいですね。
シロちゃんはいつも居ますが、日和田山でニホンカモシカに遭ったの初めてです。
母も驚いて居ました。
a0129492_11155252.jpg
日和田山の北向き地蔵堂は、縁結びに御利益ありと云われて居ますので友達2人とも、よ~くお願い出来たようです。

歩くペースを母に合わせていただいて、嬉しかったです。
a0129492_11201315.jpg
バーナーで干し芋をはじめて焼いて見ました。
あたりいちめんに焼き芋の香が充満。
今月の残りの土日とも、お休みはありませんので、しっかり充電。

# by atelier-kirara | 2017-03-20 10:49 | お付き合い(登山) | Trackback | Comments(0)

春の花 カタバミ

a0129492_21562255.jpg
車庫の脇から生えて来たカタバミの花🌼
花言葉は『輝く心』『喜び』
フランスでは、別名ハレルヤと呼ばれて居るそうですね。
キリストが復活する時期に咲き出す花とのこと。

昔は、真鍮の仏具などを磨くにも葉が使われて居ました。
父に毎朝、ご飯を盛って。お水を汲んで。供えている器は真鍮製です。

磨くと、なるほど!
ピカピカに綺麗に渋が取れます。
この間、HORIの方が持ってこられた金物は、真鍮のドアハンドルや蝶番などがあり、これで御手入れできそうですね。

母方の家紋も片喰紋。
カタバミは、可愛らしい姿とうらはら。
とても生命力が強いので、こまめに根っこから抜きませんと、他の植物の範囲まで侵食していきます。

a0129492_22054014.jpg
木瓜の花も咲き始めました。

職人さん達と遠くの施工現場に出かける時は片道6時間の往路は夜が明ける前に。
なので、庭の花が咲いてるかどうかわからないのです。車窓から眺めるお花見はそのぶん最高に綺麗です。

今年のお彼岸は、お庭を眺めるゆとりが出来て居ます。

最近では、また運が良いという方が周りに集まってきて。以前からですが、そう仰る方がいらっしゃると建て主さんもですが、私まで運が良くなり感謝です。

連休は、お天気良さそうですね。

# by atelier-kirara | 2017-03-19 07:18 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

a0129492_10580907.jpg
母と朝の一服。
お抹茶と温泉まんじゅう。

お彼岸で、親戚が来ますのでお掃除したり料理したりと午前中からワサワサと。
午後の墓参りまで、ばらけて居た施工管理書類などの整理をしました。

a0129492_11045713.jpg

a0129492_11063250.jpg
母は、お赤飯を炊いたり、、小豆を煮たり。
姪達が好きだからと言って唐揚げしたり。

母と私の身長から割り出して設計したキッチンは、使いやすく掃除もし易くなったそう。
以前は、窓台までも手が届かなかったのが、届くようになりました。

床が突然抜けるというハプニングからのリフォームでしたから、充分な準備資金もなく、予算の中で出来ることは限られて居ました。
腐った部分の交換、構造補強、断熱施工を優先に、母の希望も取り入れた間取り変更のあとに設備と内装材を決定。
タイル張りにしたかったところを予算の関係でキッチンパネルにしています。
その代わり、設備にはこだわりました。

限られた中で、何を優先するかを決めて行きますが後から交換し難い部分にはお金を投入し、何年か後には交換しなければならなくなる部分にはそれなりに納得できるところで折り合いをつけています。

本来、リフォームする時期を予定していれば資金も事前に準備して置くことができますので、新築よりは内装や設備、家具などに資金を投入出来るのが一般的です。

新築は、一から作りますので、構造体や性能部分をしっかり作る必要があります。
改修で治す事も出来ますが、その部分はしっかり治そうとすれば手間がかかります。
後から取り換えられらものとそうで無いものを振り分けて施工計画を立てることが大切です。

家は建てたら、一生メンテナンス無しで居られるということはありませんので、各素材の保証期間や交換し時を記録しておくと良いでしょうね。

【我が家では】
①築42年で5年〜10年ごとに壁紙の張替えや外壁塗装。
②築15年目でキッチンリフォーム、数年後にトイレリフォーム
②築25年目あたりに浴槽交換と浴室、洗面室のリフォーム。
③築30年目で部分構造補強、断熱施工、床暖房。
外構工事(階段の勾配補正、茶庭作り、配管補修工事、タイル、車庫)
④その後、寒さと結露解消の為、居室にインナーサッシを取り付け。
各個室の床の張替え、壁紙交換、収納変更。
建具補修。エアコンの交換。
キッチンリフォーム。

屋根、外壁は、一部塗り壁と鈑金ですが10毎に塗装塗替えを行なって居ます。
タイルやサイディングの場合は、また目安になるものが違います。

自ら実家のリフォームをすると、これまでは設計施工者の立場だったのが発注者側の立場にもなるので、建て主さんの気持ちもよくわかるようになります。

a0129492_12163189.jpg

a0129492_12165312.jpg
このような状態から、だいぶ使い勝手も良くなりましたので、改修して良かったと思って居ます。
※キッチンダイニング 
14.8m2(約4.5坪)


# by atelier-kirara | 2017-03-18 10:57 | 我が家のプチリフォーム | Trackback | Comments(0)

木の伐採

a0129492_19182513.jpg
職人さんが送って来た写真。
正面に見えるのは、雪化粧をした富士山。
静岡の現場に行く途中ですねー。

今週も終わりですが、寒さもひと段落して現場でも動きやすくなると思います。
あと1カ月もすると草木が水を吸い上げる季節になります。木の伐採は、一時お休みとなりますね。
木の伐採時期の目安は樹種によりますが、10月〜3月くらいまで。
前にブログで天竜の事も書きました通り。

自然いっぱいのところで、仕事が出来れば嬉しいですが、設計業務はそうはいきません。
デスクワークと、外に出る季節とが交互にやって来ますので其れなりに楽しんで居ます。
a0129492_19240722.jpg
仕事からの帰り道は既に日が落ちて。
浦和駅は整備されて綺麗になりました。いつもと変わらない光景。

# by atelier-kirara | 2017-03-17 08:21 | 旅・建築のことなど | Trackback | Comments(0)

お花見の頃

「ほっ」と。フォトコンテスト
a0129492_07593709.jpg
東京都台東区の上野の森には太い大木の桜並木が園内のあちらこちらに植わって居ます。
見上げると・・・
a0129492_08074632.jpg
ハンカチーフを巻いた猫ちゃんがお昼寝中。
桜の樹齢は60年〜100年とのことですが、450年〜1,000年を超える桜が現存して居ますね。

こちらの幹を見ると100年以上は経っているのではないかと思います。
太い枝の上で安心して眠る猫ちゃん。
動じることも無いので、きっとこの辺りで飼われて居て慣れているのでしょうね。

今年も元気でいるかしら?

我が家の庭も春に咲く花が少しずつ咲き始めて。

【我が家の庭から四季の茶花】
これから咲く花と、見頃を終えた花と。
あいにくのお天気ですが、草花は沢山水分を吸収してみずみずしく見えます。

a0129492_08151172.jpg
鶯神楽:未来を見つめる
(ウグイスカグラ)

a0129492_08174564.jpg
木五倍子:出会い、待ち合わせ
(キブシ・かんざしの木)

a0129492_08180984.jpg
椿:控えめな優しさ、誇り
(ツバキ)

頂いてきた河津桜は今年は咲きませんでしたが、咲く日を楽しみにして居ます。
本当は、地植えにしてあげたほうが良いのですが、我が家の狭い庭では桜が思いっきり根を張る事が出来ません。

桜を植える時に気をつけたいのは、家から1m以上は離して植えて欲しいこと。
根を横に張っていきますので、家の基礎を持ち上げてしまうこともあります。
庭師である職人さんは、根の張る樹木の種類は良くご存知で、植えるときに伸びて行かないように処理します。
職人さんの技法も、受け継がれ護られてきたものもあり、ここでは詳しくは書けませんが、庭づくりの工事現場などにたちあうと昔の人は色々考えて庭づくりを行ってきた事がわかります。

# by atelier-kirara | 2017-03-15 17:58 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

本日のお弁当

a0129492_07113108.jpg
どんより曇り空。
時折、少し雨も降って、また、寒気が戻って来るようです。
これでは、お花見ももう少し先になりそうですね。
今朝は、お弁当作り。
お夕飯と同じメニューですが。
a0129492_07144487.jpg
鯛の香草焼・菜の花の辛子和え・穴子の照り焼き・スナックエンドウ
八頭の煮物・鯛と舞茸のお吸い物温泉卵落し
鯛の塩焼きをお弁当に。
設計事務所に勤めて居た頃は、昼食は買ったお弁当や外食が多かったのですが、事務所を開設してからはお弁当などの食事を手づくりすることが多くなりました。

a0129492_07195134.jpg
これは、母の手作り。
しもつかれ風の粕煮。北関東の郷土料理ですが、見た目がイマイチなので好き嫌いがはっきりと分かれます。
両親が栃木県出身ですから、しもつかれは子供の頃から食べ慣れて。すこーし、お醤油をかけると美味しくいただけます。
a0129492_07222941.jpg
【おぜんざい】
小豆だけではなく、雑穀も混じっています。
身体があたたまるような食事をしたくなりますね。


# by atelier-kirara | 2017-03-15 05:10 | 毎日のお弁当 | Trackback | Comments(0)

47回目の結婚記念日

a0129492_07092245.jpg
ホワイトデーの日は、父と母の47回目の結婚記念日。
昨年は、鰻を食べに行きました。
アウトドアの両親。父が生きていたら、やっぱり記念日でも夫婦で山歩きをして居たのでしょうね。
本日は、自宅で仕事をしますので。
今年も父の代わりに母と一緒に過ごします。


# by atelier-kirara | 2017-03-14 07:09 | 暮らし | Trackback | Comments(2)

本日は

a0129492_07295887.jpg
今日のお弁当は天丼。
つゆだくなので汁漏れがしないようなタッパにしましたが、バックの中でかさばります。
今は、筆箱や書類サイズで薄いお弁当箱もあるそう。汁漏れもしっかりと防ぐ構造になっているようなので購入検討中です。

お弁当の汁で大切な図面や資料にシミが〜というのでは困りますね。

a0129492_07412827.jpg
先週に続いて、志木に行く用事があったので久しぶりに川魚料理『鯉清』へ。
この日は刃物研ぎなどしてると聞いて居ましたので、その帰りに工場へ。職人さん達は、仕事の始まりや後、お休みの日に刃物研ぎをして居ます。

床の防音施工ができることを確認するのに行きました。出来なければ、既製品などを使う事にもなります。

音楽室の防音施工や防音室の施工は慣れているところで無いと私も任せることができません。

前にも施工を行ったことがあり、技術的に出来ることはわかっていますが床の条件次第ですので音の検査も必要です。

大学時代は音響工学のゼミに属して居ましたが、本当に苦手でした。
教授も厳しく『社会で実務をする時に困らないように、厳しくした』と後から父親に話があった事を卒業後に聞きました。

外に出て実務を積むとそうは言って居られなくなり、なんとかなるものです。

今朝は、どんより曇り空。
電車の中では、咳き込む声が聞こえてきたりして居ますが、窓越しに桜の開花も見られます。

# by atelier-kirara | 2017-03-13 07:29 | 旅・建築のことなど | Trackback | Comments(0)

a0129492_18180954.jpg
帰宅すると、育児休暇中の妹が姪を連れて遊びに来て居ました。
エクレアのお土産をいただこうと紅茶を淹れて居ると、お行儀悪いコが・・・苦笑

a0129492_18175876.jpg
私の周りを一周、二周とまわって匂いを嗅いで、遠くから様子見。
他の猫ちゃんの匂いがしたのかしら?

春も間近。
22歳の猫でも、恋人探し。
私は一緒に寝て居るのですが、夜中も起こされますので、少し寝不足です。
とても、老猫には見えない愛猫ですが歯に餌が詰まるようになったり老化現象はあります。

診て頂いて居る獣医さん家の猫ちゃんは27歳まで生きたそうなので、あともう少し頑張りましょうね。

このあと、私の膝の上にしばらく座って居ました。
明日は都内。
帰宅後、見積りチェック。

見積りのチェックを行うのも設計事務所の仕事。役割は設計の事だけではありません。
建築全体の計画や技術的アドバイスなどのトータルコーディネートをする役割を担います。

# by atelier-kirara | 2017-03-12 18:17 | 暮らし | Trackback | Comments(0)